本文へスキップ

■携帯専用ページはこちら■〒530-0005大阪市北区中之島2丁目2番2号大阪中之島ビル8階
小松法律特許事務所内

「破産手続開始等の通知書」を受領された方へCOMPANY

平成24年7月30日

破産者 株式会社クラヴィス
破産管財人弁護士 小 松 陽一郎

前略 平素は,破産者株式会社クラヴィスの破産手続にご理解とご協力を賜り,厚く御礼申し上げます。
 さて,本ホームページ上でもお知らせいたしましたとおり,平成24年7月26日より,「破産手続開始等の通知書」(以下「本通知書」といいます。)の発送が開始されました。本通知書は,過払金債権者の皆様に株式会社クラヴィスの破産手続が開始されたことをお知らせするものであり,お金の支払いを請求するものではありません。
 本通知書を受領された方から,過去に取引が終わっている(完済している)のに,なぜこのような通知書が届いたのか,とのご質問が多数寄せられていますが,本通知書は,過去の株式会社クラヴィスとの消費者信用取引(リッチ株式会社,株式会社ぷらっと,株式会社クオークローン,株式会社タンポート,株式会社シンコウ,東和商事株式会社及び債権譲渡を受けた株式会社フランとの取引を含む)につき,改めて利息制限法所定の制限利率により引き直し計算を行った結果,過払金が発生していると考えられる方全員に対し,株式会社クラヴィスの破産手続が開始されたことをお知らせするために送付されています。
 本破産手続では,株式会社クラヴィス等との最終の取引日から消滅時効期間の10年を経過しているものを除き,何年も前に完済され取引が終わっている案件も含む全件について利息制限法所定の制限利率による引き直し計算を行っています。その結果,過払金が発生していると考えられる場合には本通知書が送付されるという取扱いとなっておりますので,よろしくご理解下さいますよう,お願い申し上げます。
 また,本破産事件につきましては,現在のところ配当の見込みが立っていないため,本通知書を受け取った方々におかれまして,直ちに何らかのご対応をしていただく必要はございません。
 なお,以上の点に関しましては,本ホームページ「破産手続に関するQ&A」のQ12ないしQ16 でも解説をしておりますので,そちらも併せてご参照ください。

草々


バナースペース

株式会社クラヴィス

〒530-0005
大阪市北区中之島2丁目2番2号
大阪中之島ビル8階
小松法律特許事務所内

TEL 06-6221-3358
FAX 06-6221-3344
E-mail. information@clavis-kanzai.jp